音楽をはじめよう

おすすめ入門ウクレレ

試しにとりあえず買ってやってみよう、というのなら、まずは国産ウクレレで、1~2万円のものをお薦めします。
安心してすすめられるのは、フェイマスブランドのウクレレです。
理由は、スタンダードサイズながら比較的高音域まで音程が正確だから。
私のウクレレの先生もレッスン用にFamousを使っておられます。
実は私が最初に買ったのもFamousのFS-5というモデルでした。

私は体が大きいのでもう一回り大きい方が良かったのですが、ほとんど衝動買いだったこともあり、予算が限られていたので、その時はスタンダードを買っちゃいました。

でも15フレット仕様だったし、コア材だったので音自体軽くてウクレレらしい音が出ています。もちろん高音までピッチのずれも少ないようで、結局は買って良かったです。

最初だからこそ、「安物買いの銭失い」にならないように慎重に検討しましょう。

もちろん予算に余裕があれば、いきなり高級なウクレレを手に入れるのも、あり、です。

フェイマスウクレレについて


フェイマス(Famous)はキワヤ商会さんのウクレレブランドです。
日本で屈指の(もしかすると唯一の)、初心者が安心して購入できるウクレレを作っておられます。

フェイマスブランドのウクレレの歴史はかなり古く、昭和28年に製造を開始されたそうです。その後、昭和30年代のハワイアンブームでウクレレメーカが乱立したものの、そのブームが去った後、他社は次々とウクレレから撤退。そんな中でも、安定した品質のウクレレを世に出し続けられ、今では日本製ではシェアNo.1になったそうです。
工房から納入されたウクレレを独自に検品・修正するというキワヤ商会さんの姿勢がそこに現れているのかもしれません。
初心者には十分なコストパフォーマンスを備えていると思いますが、デメリットを挙げるとすれば、持っている人が多すぎて、他の人のと取り違えそうになるところでしょうか(笑)。

三ッ葉楽器さん


フェイマスウクレレを製作しているのは群馬県前橋市の三ッ葉楽器さんです。三つ葉楽器さんはZEPHER(ゼファー)という綺麗にカラーリングされたオリジナルブランドウクレレも作られています。
以前キワヤ商会さんのWebページに「ウクレレ的ひとりごと」というコーナーがありました。なかなかたどり着けなかったので、読まれた方はあまりおられないと思いますが(笑)。
そこに三ッ葉楽器さんの心意気を表す話が載っていました。
キワヤ商会の原社長さんに転載許可を頂きましたので、よろしければご覧ください。
(2007/10/28現在はAbout Famousのページに同様の記事が掲載されています。)
No.05.三ッ葉楽器 フェイマスを作り続ける工房のひとりごと

ウクレレは生きるチカラをくれる

フォークギター全盛の昭和40年〜50年頃、ウクレレは月産50本〜60本という時代がありました。すでに国産のウクレレはFamousフェイマスだけ。他のメーカーはみんな製造を中止してしまいました。Famousフェイマスウクレレの製造元、三ッ葉楽器のカナイ社長は、売れないウクレレの製造をやめて、工場を家具の製造一本にしていこうかと悩んでいました。
ある日、知人から「学校の先生用の機関誌にウクレレの事が載っているよ」と聞き、その記事を読んだことがきっかけで、ウクレレ作りをあきらめないことを決めたのです。そして、ひとつの確信と共に今日までウクレレを作り続けているのです。
〜私は、養護学校の教師をしているものです。
常日頃から、生徒である障害児たちの瞳の輝きを取り戻したい、自信をつけさせたいと思っていました。
いろいろ考えた末に、自分が大好きなウクレレを持たせてみることにしました。最初の手ほどきには、少々の時間がかかりましたが、日に日に上達し3つのコードを組み合わせ、リズムをとってストロークができるまでになりました。1曲2曲とレパートリーが増える度に、瞳の輝きも増していくようでした。
自らが生きていくことさえ喪失感を持ちつつあった彼等が、自信を取り戻したのです。
私は、ウクレレ教育を何十人もの生徒に与えてきました。(薄給の身でも、ウクレレの様に安価な楽器ならプレゼントできます)これからもウクレレを奏であう事で、子供達に生きるチカラを与え続けていきたいと思っています。〜
自分の作ったウクレレたちが、様々な方に力を与えている。そして反対にウクレレを弾いてくださる方々によりパワーをいただいた思いで、この先生とは30数年間交流を暖めております。
ウクレレを作り続ける意味において確信したことは「ウクレレは生きるチカラをくれる」ということです。
三ッ葉楽器にとっては足をひっぱるウクレレでも、うちが作らなくなれば国産のウクレレはなくなってしまう。そんな事になったら喜んでくれたあの子供達にウクレレの素晴しさを伝えることができなくなってしまう。
価格が安くて、誰でも手にとれるそんな「普及品としてのウクレレ」の品質を向上していこう。生きるチカラをくれる、そんなウクレレをこれからも作り続けていきたいと思っています。


作成:2007-10-28 22:47:20    更新:2007-10-28 23:51:48

前
入門用ウクレレについて

カテゴリートップ
TOP
Google メニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
View Counter
Today 4
Yesterday 5
Total 159282